健康とは健康に必要な要素をカラダに与えること。

ローフードの背景になっているのは、ナチュラルハイジーンの哲学です。

ナチュラルハイジーンとは何か?

19世紀初め、アメリカの医師たちによって学問的に系統付けられたもので、「生命の法則」に従って生きる事の重要性を説いた健康理論です。そのルーツは医学の父と言われているヒポクラテス、ピタゴラスといった学者たちは『自然の法則に基づく習慣に従って、生き食べていれば、誰でも肥満や病気を予防、改善でき、常に健康な状態で生きていけると教えていたと言われています。

時代と共に便利な世の中になり、加工食品・ファーストフード、移動は電車・車、昼夜関わらずネットにくぎ付け。自然と逆らった生活をすることで病気や体調不良が増大。

健康とは、健康に必要な要素をカラダに与え、自然と繋がった環境でセルフケアを行う健康的な生活の結果であると、ナチュラルハイジーンでは教えています。